ニュースリリース

 

ニュースリリース

2013年10月21日
荏原環境プラント株式会社

新武蔵野クリーンセンター(仮称)整備運営事業受注

 この度、荏原環境プラント株式会社(社長:市原 昭、本社:東京都大田区)は、同社を代表企業とするグループとして、東京都武蔵野市より「新武蔵野クリーンセンター(仮称)整備運営事業」を受注致しました。

 本事業は、周辺の方々をはじめ、市民にとって誇りとなる施設の建設を目指し、環境の保全に配慮した安全・安心な施設づくり、災害に強い施設づくり、景観および建築デザインなどに配慮したコンパクトな施設づくりなどをコンセプトとしています。

  総合評価一般競争入札方式で行われた本事業者の選定では、最新技術を用いた焼却プラントシステムを採用し、高い発電効率と焼却プラントのコンパクト化を図ることで、建物の高さや面積を大幅に抑えた優れた外観デザインが高く評価されました。

 当社のエバラHPCC21型ストーカ技術による焼却プラントシステムは、優れた燃焼性能をベースに、低空気比燃焼と排ガス再循環による高効率発電と環境負荷の低減を実現します。

 当社は、地域との協働と安全で安定した運転による本施設の運営を通じて、『よりよいまちづくり』に貢献してまいります。

―新武蔵野クリーンセンター(仮称)完成イメージ図(外観)―

―新武蔵野クリーンセンター(仮称)完成イメージ図(内観)―

<事業概要>

発注者 武蔵野市(邑上守正 市長)
事業名称 新武蔵野クリーンセンター(仮称)整備運営事業
施設規模
焼却施設 120t/日(60t/24h×2炉、エバラHPCC21型ストーカ)
不燃・粗大ごみ処理施設 10t/5h
常用コジェネレーション設備(1,500kW)
余熱利用

蒸気タービン発電(2,650kW)、市本庁舎及び市総合体育館等への低圧蒸気

の供給
建設場所
東京都武蔵野市緑町3丁目1番5号
事業期間 建設期間 2013年7月~2019年6月30日

       (新工場棟竣工は2017年3月31日)
運営期間 2017年4月1日~2037年3月31日(20年間)

受注金額 195億円(消費税相当額を含まず)

以上

ニュースリリース一覧へ戻る

  • English
  • 中文
  • サイトマップ

お問い合わせ

  • 3分で分かる荏原環境プラント
  • 荏原環境プラントの3つの強み

株式会社 荏原製作所

水ing 株式会社

このページの先頭へ

荏原環境プラント株式会社

お問い合わせ

Copyright © EBARA ENVIRONMENTAL PLANT CO.,LTD. All Rights Reserved.