ニュースリリース

 

ニュースリリース

2016年3月31日
荏原環境プラント株式会社

弘前地区環境整備センター長期包括管理運営事業を受注

 荏原環境プラント株式会社(社長:市原 昭、本社:東京都大田区)は、このたび、弘前地区環境整備事務組合より「弘前地区環境整備センター長期包括管理運営事業」を受注しました。

 本事業は、焼却処理施設・プラザ棟・貯留棟・ストックヤード等からなる既存の一般廃棄物施設を、15年間に亘り包括的に運営するものです。本施設の基本性能を適切に発揮させ、ごみを適性に処理するとともに、民間企業の提案による創意工夫のもと、サービスの水準を確保しつつ効率的な運転維持管理を行うことを目的としています。

 当社は廃棄物処理施設の設計・建設から運転管理・メンテナンスまで、一貫して対応できる体制を構築しており、永年培ってきた技術と長期運営のノウハウを活かします。今後も施設の安全で安定した運営を通じて、循環型社会の形成に貢献してまいります。

―「弘前地区環境整備センター」外観写真―

<施設概要>

発注者 青森県 弘前地区環境整備事務組合(管理者 葛西憲之 弘前市長)
施設名称 弘前地区環境整備センター
施設規模 焼却処理施設 [246t/日(123t/日×2基)]
資源化施設  [93t/5h]
事業名称 弘前地区環境整備センター長期包括管理運営事業
運営期間 平成28年4月1日から平成43年3月31日まで


以上

ニュースリリース一覧へ戻る

  • English
  • 中文
  • サイトマップ

お問い合わせ

  • 3分で分かる荏原環境プラント
  • 荏原環境プラントの3つの強み

株式会社 荏原製作所

水ing 株式会社

このページの先頭へ

荏原環境プラント株式会社

お問い合わせ

Copyright © EBARA ENVIRONMENTAL PLANT CO.,LTD. All Rights Reserved.