技術製品

流動床焼却システム

流動床焼却炉では、高温の流動砂の熱量を利用して処理物をむらなく素早く燃焼します。そのため都市ごみはもちろん、廃液・スラッジなどの低カロリー廃棄物から、廃タイヤ・廃プラスチックなどの高カロリー廃棄物まで幅広く対応可能であり、りおこしごみ、し尿汚泥や下水汚泥との混合処理にも適しています。

当社の流動床技術の最大の特長が独自の内部旋回機能。流動砂によるかくはん・破砕効果により、事前混合なしに高い混焼比率で汚泥等を処理できます。また、不燃物は炉内に機械的稼動部を有することなく安定排出でき、その熱灼減量が低いこと、鉄・アルミ等を未酸化状態で回収できることも特長です。さらに、流動床ならではの炉内脱硫・脱塩機能により、薬剤使用量や触媒交換コストの低減も期待できます。

低空気比燃焼・排ガス再循環システムの導入により高効率発電を実現します。

炉内に滞留する可燃物の量が少ないため、緊急時には短時間で安全に炉を停止できることも特長です。

ストーカ式焼却システム図

独自の内部旋回機能が、
さまざまな価値を生み出す

敷き詰めた砂の下から十分な量の空気を送り込むと、砂は激しく踊ってあたかも流体であるかのように振舞います。この流動床という技術に独自の内部旋回機能を付加することで、あらゆる処理物を効率的に燃焼させることが可能となりました。当社の優れた技術は欧州でも評価され、技術供与に基づいた多くの納入実績があります。

担当者:岡本 有弘

資料請求

主な導入事例

その他の製品

このページの先頭へ

荏原環境プラント株式会社

お問い合わせ

Copyright © EBARA ENVIRONMENTAL PLANT CO.,LTD. All Rights Reserved.