技術製品

流動床ガス化溶融システム

将来の最終処分場のひっ迫が懸念される場合、焼却灰を溶融スラグ化し建設資材等に活用することが一つの有効な方策となります。

当社の流動床ガス化溶融システムは、実績のある流動床技術に旋回溶融炉を組み合わせることで、灰分をごみの持つエネルギーで溶融することにより、スラグとして回収し有効利用できます。

流動床焼却技術から受け継いだ内部旋回機能により、鉄・アルミ等の不燃物を未酸化状態で回収可能できることも、埋立処分量の低減に寄与します。

旋回溶融炉での低空気比高温燃焼によりダイオキシン類の排出も抑制できるほか、ボイラ効率が高いため高効率発電にも適しています。他所灰やスラッジ、りおこしごみ等の混合処理も可能で、埋立負荷の軽減、埋立地の再生に貢献します。

ストーカ式焼却システム図

 

資料請求

主な導入事例

その他の製品

このページの先頭へ

荏原環境プラント株式会社

お問い合わせ

Copyright © EBARA ENVIRONMENTAL PLANT CO.,LTD. All Rights Reserved.