技術製品

ストーカ式焼却システム HPCC21型

1961年に第1号機を納入してから半世紀、実績ある技術を進化させた当社のHPCC21型ストーカ式焼却システムは、小型炉から大型炉、低質ごみから高質ごみまで幅広く対応できます。また、汚泥や最終処分場掘り起こしごみ等との混合処理が可能です。

当社独自の高速空気吹込技術と水平ストーカによる良好な撹拌が実現する優れた燃焼性能をベースに、強制空冷ストーカや水冷ストーカの採用による火格子の長寿命化、低空気比燃焼・排ガス再循環システムによる高効率発電とNOx低減、高度乾式排ガス処理システムによるSOx、HClの排出抑制などの技術を柔軟に組み合わせることで、安定かつ環境特性に優れた操業を実現します。

また、オプションとしてプラズマ式灰溶融炉と組み合わせることにより、灰を無害なスラグとしてコンクリート二次製品や路盤材等に有効利用することもできます。

ストーカ式焼却システム図

実績ある技術を進化させ、
安定かつ経済性に優れた操業を実現

ごみの衛生的な処理を安定的に行っていく上で、ストーカ式焼却技術の豊富な実績は大きな魅力です。その信頼性を一層高めていくために、実績ある技術をベースに社会のニーズに寄り添った最新の機能を付加させたのが当社のHPCC21型です。近年では、中国をはじめとする海外の納入先においても高い評価を得ています。

担当者:櫻井 清之

資料請求

主な導入事例

その他の製品

このページの先頭へ

荏原環境プラント株式会社

お問い合わせ

Copyright © EBARA ENVIRONMENTAL PLANT CO.,LTD. All Rights Reserved.