ENGLISH
お問い合わせ
ホーム > ニューストピックス > ニュースリリース > 伊豆市伊豆の国市新ごみ処理施設整備・運営事業 受注

Newsニューストピックス

ニュースリリース2020.05.28

伊豆市伊豆の国市新ごみ処理施設整備・運営事業 受注

この度、荏原環境プラント株式会社(社長:渡邉 良夫、本社:東京都大田区)は、同社を代表企業とするグループとして、伊豆市伊豆の国市廃棄物処理施設組合(管理者:伊豆の国市長 小野 登志子)より「伊豆市伊豆の国市新ごみ処理施設整備・運営事業」を受注いたしました。

本事業の事業方式は、 DBO(Design-Build-Operate)方式が採用されており、エネルギー回収型廃棄物処理施設を建設し、その後20年間の事業運営を行うものです。伊豆市伊豆の国市廃棄物処理施設組合が策定した「長期的に安心、安全で安定稼働する施設」、「環境保全に限りなく配慮する施設」、「住民に開かれ、地域に貢献する施設」、「経済性に優れる施設」という4つの基本方針のもと、発生した熱を有効的に活用し、循環型社会を形成する施設を目指します。

当社は、安全安心な施設整備・運営維持管理を実施するとともに、地域経済への貢献及び地域活性化、安定性や継続性を重視した事業運営を基本方針として、持続可能な地域社会の実現に貢献してまいります。

<事業概要>
事業名称 伊豆市伊豆の国市新ごみ処理施設整備・運営事業
発注者 伊豆市伊豆の国市廃棄物処理施設組合 管理者 伊豆の国市長 小野 登志子
施設規模 82t/日(41t/日×2炉)
余熱利用 蒸気タービン発電
事業期間 設計・建設期間  2019年9月~2022年9月
運営期間  2022年10月~2042年9月(20年間)
建設場所 静岡県伊豆市佐野字川久保地内
契約金額 以下、消費税相当額を含まず
設計・建設業務費 9,350,000,000円
運営業務委託費 7,922,400,000円

当社は、事業活動を通じて地域最適化された資源循環ソリューションを提供することにより、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献するとともに、企業としても成長していくことを目標としています。

  

* 7:焼却で発生した余熱を利用して発電を行い、地域電力の地産地消を目指します。
* 9:厳しい排ガス規制に対応する環境に配慮した技術や電力の地産地消により資源利用効率を向上し、地域の持続可能性の向上に貢献します。
*11:施設建設後20年間の事業運営を行い、長期的に安心、安全で安定稼働する施設運営を目指します。

本件に関するお問い合わせ先
Contact
荏原環境プラント株式会社 代表電話
03-6275-8600