ENGLISH
お問い合わせ
ホーム > ニューストピックス > ニュースリリース > 五泉地域衛生施設組合 中間処理施設整備・運営事業を受注

Newsニューストピックス

ニュースリリース2021.12.3

五泉地域衛生施設組合 中間処理施設整備・運営事業を受注

 この度、荏原環境プラント株式会社(社長:渡邉 良夫、本社:東京都大田区)は、同社を代表企業とするグループとして、新潟県の五泉地域衛生施設組合(管理者 五泉市長 伊藤 勝美)より「中間処理施設整備・運営事業」を受注いたしました。

 本事業の事業方式は、DBO(Design-Build-Operate)方式が採用されており、エネルギー回収型廃棄物処理施設とマテリアルリサイクル推進施設を建設し、その後20年間の事業運営を行うものです。五泉地域衛生施設組合が定める5つの基本方針※1のもと、安心安全で安定した施設の整備や、運営の実現に取り組んでまいります。

 本施設では、エネルギー回収型廃棄物処理施設にてごみを焼却処理する際に発生する熱を利用して発電を行い、得られた電力は施設内の動力として利用するとともに、余剰電力は売電されます。また、本事業では地元の複数の建設企業と連携しており、施設の運営は県内企業である株式会社大原鉄工所と当社が共同で出資するSPC(株式会社ごせんEサービス 代表取締役 鈴木 浩之)※2が行います。

 当社はCO2排出量削減や地域活性化への貢献、安心安全で安定した施設の整備や運営の実施を行い、持続可能な地域社会の実現に貢献してまいります。

※1 「1.安心・安全で安定した施設」「2.環境に配慮した施設」「3.エネルギーと資源の有効活用に配慮した施設」「4. 地域に密着した施設」「5.経済性に優れた施設」の5つの基本方針のこと
※2 Special Purpose Company(特定目的会社)の略


2021年8月時点での完成イメージ図

<事業概要>
事業名称 五泉地域衛生施設組合 中間処理施設整備・運営事業
発注者 管理者 五泉市長 伊藤 勝美
施設規模 ・エネルギー回収型廃棄物処理施設
 処理方式:全連続燃焼式(ストーカ式)
 処理能力:122t/日(61t/24h×2 炉)
・マテリアルリサイクル推進施設
 主要設備:破砕設備、受入選別設備、保管設備
 処理能力:11t/日
事業期間 設計・施工期間  2021年5月28日~2025年3月31日
運営期間     2025年4月~2045年3月(20年間)
建設場所 新潟県五泉市清瀬84番地2ほか
本件に関するお問い合わせ先
Contact
荏原環境プラント株式会社 代表電話
03-6275-8600